四季の小路

北海道俳句年鑑2022年度版に掲載された北海道俳句協会会員の作品をご紹介しながら、北海道の四季をたどります。今週は下記の皆様(敬称略)の作品をご紹介します。

杉本多惠子
(札幌市)

飛ぶといふよりは吹かるる雪螢
フリージア柩に入れる別れかな
益虫といへども庭の蜘蛛嫌ひ
白髪増え艶なく乾く残暑かな
饒舌に隠す悲しみ萩の露

杉本一玖
(由仁町/いたどり・畦道)

春めきて畦の背中が動き出す
春愁のやるせなき恋罪深し
風光る農継ぐ孫の行き先に
人柄を変える不思議なサングラス
想ひ出をたぐりて尽きぬ昭和の日



杉野一博
(函館市/艀通信)

レコードの針から年の越えてをり
消毒の指に朧の長きかな
夕焼の真ん中にゐる鷗また
コスモスを振り払ひをり声のして
小鳥来る高さに草木暮れてゆく

菅原孝子
(黒松内町/アカシヤ)

踏みどころ探る片足雪解道
児の手へと移しそこねし天道虫
ポケットの多き上着やくぬぎの実
真似されて気づく口癖日向ぼこ
北風を行くや時折背を向けて




菅原湖舟
(札幌市/葦牙)

仏舎利を抱きし山は笑ひけり
一つ咲く座禅草にも祈りかな
シャガールの飛天の男女五月来る
雪渓を嚙み柔道は無敵なり
父母逝きし星座へひらく夏座敷

菅井美奈子
(札幌市)

春兆す古地図に小石川養生所
終わりには始まりのありシャボン玉
遠き火事明日の天気は新聞に
脱いだままの空気モヘアのセーター
室温に戻して煮炊き雪催い

陶令子
(札幌市/蒼花吟社)

ものの芽のあまねく大地水の音
早春の樹液の鼓動きりもなし
せせらぎの光をまとふ水芭蕉
新涼や神威岬の海のいろ
朝露の万のひかりの中歩む

神久美子
(札幌市)

漱石忌白き絵の具を三種買ふ
啄木の墓たちまちの海霧の中
金魚俯瞰ヒト回廊に汗を拭く
沿道の五輪片され夏までも
ちやんとするつもりのなくてアイスティー

城丸いく子
(旭川市/道)

アスファルト濡れて影吸ふ夜寒かな
行く雨に薄目を開く座禅草
また一人伝承者逝きチセ凍る
何時となく幡り解け秋彼岸
夫の髪赤子のやうに撫でて秋

進藤佐喜子
(札幌市/濃美)

輝きの季節始まるチューリップ
地下鉄の手話のカップル春隣
はつとするナースコールの夜長かな
補聴器のぽつんと置かれ冬の夜
キャンドルアート鼓動せる聖夜かな



信藤詔子
(札幌市)

祭笛ついてゆくため火を止めに
草の絮となりの村が消えている
煮凝も氷河もくずれつつくずれ
白鳥の水尾この世の鳥として
とめどなく雪降るわがなか地も山も

新庄康一
(砂川市)

新米を送りし子等の無沙汰かな
自粛して縛らるる日々雪囲
任地へと子は巣立ちたり新学期
接種日や五輪選手の油汗
接種せぬ子と苛立ちの残暑かな

白木弘子
(音更町/道)

コロナ禍に自粛三昧秋隣り
紙飛行機飛ばす孫子や敗戦忌
揚げ雲雀内緒話しを撒き散らす
電話にも頭を下げいる酔芙蓉
黙祷のながき時間や原爆忌

白井雅女
(函館市/艀通信)

春の波便箋七枚寄せてくる
夏休みぐるっと空を回しけり
たんぽぽの絮やわたしも連れてって
捨てられぬ写真の重さ海晩夏
枯葉降る頑張れますの便りかな

白井節子
(札幌市)

コンテナ船の航跡夏至の地中海
はだか電球新巻きの目にオホーツク
目で計り如月の雪掃いてます
裸木にうずくまる風夜空かな
空の色はサクラクレパスの夕焼




お問い合わせ・申し込みフォーム

Japan

プライバシーポリシー を読み、同意しました

北海道俳句協会 

事務局 :〒004-0032 札幌市厚別区上野幌2条4丁目7-22 齋藤 雅美方